記事一覧

赤岳2日目!

翌朝。5時半には起床です!

朝食は6時からということでしたが6時10分過ぎからでした。
食事後、準備をして7時40分に鉱泉出発です。サブザックにロープ等を詰め込み必要のない荷物は鉱泉に置いといていただきました。アイゼンを装着し行者小屋を目指します。
20120129-IMG_4626.jpg
45分程で行者小屋到着。テントが数張り!!!寒いだろうなぁ~。。。
地蔵尾根からの稜線の風が強いとの予報だったのとすでに登ってきた方に文三郎は比較的風が無かったという情報を聞いていたので文三郎から登る事にしました。
20120129-IMG_4633.jpg
トレースは明瞭でバッチリです。阿弥陀岳と中岳もきれいに見えてきました。
20120129-IMG_4634.jpg
目指す赤岳が迫ってきます!
20120129-IMG_4642.jpg
阿弥陀岳が神々しい。
流石に森林限界を抜けると風が出てきます。今まで体感したことのない寒さです。バラクラバは装着していますが顔はイタイ・・・
20120129-IMG_4644.jpg
中岳との分岐でゴーグルを装着しようとしましたが、ジャケットのポケットに入れていた為すでにレンズが凍って使い物になりませんでした・・・最初から付けていくか凍らないようにしっかり保護するか。良い勉強になりました。やはり厳冬期は厳しいです。
文三郎尾根は鎖は出ていましたが階段は埋まっている状態でした。
20120129-IMG_4646.jpg
ここから先もトレースは明瞭で安心して歩けました。しかし、絶対転ばないように慎重に一歩一歩確実に足を運びます。
20120129-IMG_4648.jpg
横岳、硫黄岳に天狗岳までくっきりと見えてきました!
20120129-IMG_4652.jpg
アイゼンが良く効いて歩きやすい。この辺りで下りてこられた方の足元を見るとなんとチェーンアイゼン・・・怖い。。。
20120129-IMG_4655.jpg
風もさほど無く順調に登って行きます。
20120129-IMG_4657.jpg
やはり夏とは違う。当たり前ですが!
20120129-IMG_4667.jpg
11時ぐらい?山頂到着!!!山頂付近はほぼ無風ですがガスってきました。
20120129-IMG_4665.jpg
風は無いが寒い。とりあえず頂上山荘へ向かいます。なぜか山荘付近は風が強い・・・
20120129-IMG_4673.jpg
眼下には展望荘が。地蔵尾根経由で下る予定でしたが風が強い!!!しかも、みやがわさんの鼻の頭が白くなってる!!!聞くと少し感覚が鈍っていたとか・・・R1フーディーで鼻が完全に隠れなかったからか。バラクラバは必至です。結局、風も強いこともあり元来た道を!文三郎尾根で下山することにしました。
20120129-IMG_4676.jpg
下山時の方が危険です。慎重に足を進め下ります。場所によってはクライムダウンで。岩稜帯を抜けると眼下には行者小屋が見えてきました。
20120129-IMG_4685.jpg
12時30分に行者小屋に到着し赤岳鉱泉には13時頃到着です。
自炊室で昼食を済ませ14時30分美濃戸口に向けて出発!
20120129-IMG_4686.jpg
16時。美濃戸口到着です。だいぶ雪も解けている。
20120129-IMG_4688.jpg
お疲れさまでした。雪は少なかったかもしれませんがなんとか厳冬期?の赤岳に登れました(^^)これが地蔵尾根を下っていればもっと難しかったのかな???色々と勉強になった今回の山行きでした。帰りはもみの湯でほっこりしてから大阪へと向かいました~!

次は今回持って行った道具&ウエアでも!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

はじめまして。今月赤岳に登るので参考にさせていただきます。

daichiさん

はじめまして!コメントありがとうございます(^^)
あまり参考にならなかったと思いますが楽しい山行きを!!!


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

monatti

Author:monatti
北摂からゆるゆるとお山とキャンプの
自己満ブログ(^^)最近はクライミングもぼちぼち。
2016年12月よりロードバイク!

時々、フレンチブルドッグも(こころ)

つくね(2014年7月没)

リンク

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

おすすめ

FC2カウンター

全記事表示リンク

ブログ村

検索フォーム