記事一覧

東北遠征三日目!

遠征三日目は早池峰山へ!
IMG_7490.jpg
盛岡駅前から登山口である小田越まで直行便が出ております!片道1.700円、所要時間は2時間弱。

なんで早池峰山?百名山でもあるのですが、ハヤチネウスユキソウ然りなのですが。
2006年にビーパルで「タイマグラばぁちゃん」という映画を十三で上映することを知りまして、その映画を観てからずっとタイマグラへ行きたいなぁ~と。
直接タイマグラへ行けばいいのですが、山頂から眺められれば良いなぁ~と。
まぁそんなこんなで早池峰山へと。
IMG_7492.jpg
スタートはバス終点の小田越から。
もちろん雨(^^;)
コースは山頂から河原の坊へと降りるコースを選択しました。

IMG_7493.jpg
9時10分スタート。
IMG_7494.jpg
最初の樹林帯は風も無く、雨は降っているがとても歩きやすい。
がしかし。。。樹林帯を抜けると風ががが~!
やはり風が強かった。。。
IMG_7495.jpg
もう暴風雨。蛇紋岩は滑りやすいので注意しながら。
でも今回履いて行ったシューズはシャンクもちょうどの固さ、しかもステルスソールなのであまり気にすることは無かった。
IMG_7497.jpg
晴れていたらなぁ・・・
IMG_7521.jpg
お目当てのお花が。綿毛もキレイ!
IMG_7534.jpg
ここにしか咲かないハヤチネウスユキソウ。
IMG_7527.jpg

IMG_7554.jpg
標高を上げるごとにお花が増えていく。
IMG_7555.jpg
そう、早池峰山はストックを利用する際は必ず先端にキャップを装着するようにとの事です!!!
僕は今回使用しておりません。
IMG_7562.jpg
ヨツバシオガマやミヤマアズマギク、スミレの仲間も沢山。
IMG_7563.jpg
ミヤマアズマギク
IMG_7565.jpg
ヨツバシオガマ
IMG_7568.jpg
ミヤマアズマギク色違い?
IMG_7569.jpg
タカネスミレ
IMG_7573.jpg
ロープ
IMG_7583.jpg
梯子が出てきました。梯子はここ一か所だけ。
IMG_7589.jpg
稜線にでた。まだ風は強い。
IMG_7592.jpg
後はフラットな道を山頂へ。
IMG_7596.jpg
着いた。
IMG_7599.jpg
三角点。
IMG_7603.jpg
早池峰神社。信仰の山なんですね~。
IMG_7608.jpg
寒いので避難小屋に入っておにぎりモグモグ腹ごしらえ!
体も結構冷えていたのでナノパフを着ました。いや~マジ寒かった。。。
DSC06019.jpg
登りの途中、早池峰の監視員さんに、河原の坊へ降りるのは渡渉が困難かも~と言われておりましたが。
下で沢を見る限りそこまで増水していなかったし、登って来た方にお話を聞いても大丈夫そうだったので
河原の坊へと下りました。
DSC06022.jpg
結構急な下り。落石に注意です。
DSC06034.jpg
ミヤマオダマキ
DSC06037.jpg
こちらにもハヤチネウスユキソウは沢山咲いてました!
DSC06059.jpg
花弁が透明に
DSC06076.jpg
なんでしょう?
DSC06095.jpg
ナンブトラノオでしょうか。
DSC06119.jpg
渡渉も大したことは無く14時過ぎには河原の坊へ到着。
バスの時間は15時20分なので早池峰自然保護センターで休憩させて頂きました。
DSC06117.jpg
開花状況や
DSC06121.jpg
ルート図なんかも。
DSC06122.jpg
早池峰の自然がわかる施設となっておりました。

17時前には盛岡到着!コインロッカーに預けていたザックを取りだし、またまた駅前のタリーズでコーヒーを(^^)
17時30分の高速バスで仙台へと向かいました。

ホテルチェックイン後、仙台と言えば
DSC_4652.jpg
これでしょう!牛タン!!!
DSC_4651.jpg
宮城県定義山の厚揚げ焼き

どちらもやっぱうまかった!
後で知ったのですが、入ったお店大阪にもありました。。。


帰阪の日の昼食はやっぱラーメン!!!末廣ラーメン本舗でいただきました。
こちらも新福菜館寄贈の暖簾が。。。
でも味はちょっと違うかな。おいしゅうございました(^^)

帰りは仙台空港アクセス線で仙台空港へ!
DSC_4654.jpg
なんか帰りの飛行機をみた瞬間、寂しくなりました。。。

天候も荒れ荒れの三泊四日の東北山の旅~!
機嫌よく送り出してくれた妻に感謝~(^^)

東北の旅、病み付きになりそうです!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

わお~♪お天気がやや残念でしたけれど、とても満足のゆく3泊4日の山行だったのが垣間見えます。
それにしても、なによりも、モナさんがそんなにもお花に詳しくてお花がお好きだったことに驚きです!笑
タフな肉体から、お花などに目もくれずにガシガシ登ってゆくタイプの山登りかと勝手に想像してました。
さて、大作3部作のレポをじっくりと読ませていただきました。
阿弥陀池避難小屋で同室だったいなかの240さん、ボクは直接会ったことはありませんが、
ボクらが山先輩お花博士と慕っている筑波の山仲間が繋がっている方で、
何だかその辺も可笑しくて笑ってしまいました。意外と世界が狭い。~_~;
しかしお花畑、綺麗で見事でした。そのお天気でもそれですから、
これで青空バックだとどんな素晴らしいことになっていたのだろうと想像すると、ちょっと悔しいですね。苦笑
それからお腹を満たす食の方も大満足の山行だったようで何よりでした。
盛岡冷麺、あれ癖になる食感ですよね。それでいて超旨い♪

お疲れさまでした。こちらも楽しかったです。(´_ゝ`)

Re: タイトルなし


bebeさんこんばんは!
ダラダラとした記事を読んでいただきありがとうございます。

お花、正直あまり興味は無かったのです。
昨年、笠ヶ岳と朝日岳に行って以来高山植物に興味を持ち始め(^^)
なのでほんと詳しくないありません(^^;)
まだまだ勉強中なのでネットの受け売りです。

でもいなかの240さんとも繋がりがあったとは!!!
ほんと狭いですね~(^^)
てかbebeさんの交友関係に脱帽です!

でもムーミン谷のチングルマは本当に凄かったです。
大焼砂のコマクサも!
ほんと総てがギュッと詰まっていて四季を通して通いたくなりました!
次は青空のムーミン谷を歩いてみたいです。
必ずリベンジします(^^)

盛岡冷麺!ほんと旨かったです。
こちらの焼肉屋さんで食べる冷麺とは全然違いますね。
まず麺が全然!大阪でも食べた~い(^^;)

でも東北の山、最高ですね!
癖になりそうです(^^)



いなかの240です

東北山歩き、お疲れさまでした。
ごあいさつが遅れまして恐縮です。
梅雨時期ですから少々の雨は覚悟してましたが、秋田駒下山時の風はすごかったですね。
翌日の早池峰山まで風がまとわりついたようで。。
そんな天候の中でもハヤチネウスユキソウ素敵です。

こんな形でお知り合いに慣れてうれしく思います。
鶴の湯に行かなかったら、ブログのお話ししなかったら、と考えると不思議なものです。
しかもコメントいただいてるbebeさんとの繋がり、ほんと狭いですね。
(bebeさん、面識はありませんが繋がりは多分あの方だと)

今後ともどうぞよろしくお願いします。

うちへのお土産はじゃじゃ麺といぶりがっこでした。

はじめまして

はじめまして。
bebeさん、yosiさんつながりで来ました~。
秋田駒、この時期の花は素晴らしいですね。
私も8月ですが、乳頭温泉から周回したことがあります。
で、bebeさんもyosiさんも気付いてないようですが、お二人は
昨年の栃木の高原山の大入道で会っているんです。笑
面白いですね~。

Re: いなかの240です

yosiさんこんばんは~。

その節は本当にありがとうございました。
あそこから鶴の湯まで歩いていると考えると。。。
入浴後も駅までどうもありがとうございました!!!
おかげさまでゆっくりと稲庭うどんが食べれました(^^)

土曜日はほんと風がやばかったです。久しぶりにちと焦りました(^^;)
日曜日の早池峰の風もたいがいでしたが。。。

ブログのお話をしなかったらこんな繋がりにもなっていなかったと考えると
ほんと面白いですね!

しかもbebeさんともご面識があったとは!
くにさんによるとお会いになってるとか!!!
僕もbebeさんは一度行者小屋でお会いしたことがありまして(^^)

ほんと狭いですね~。

僕のお土産はいぶりがっことずんだ餅でした~(^^)

こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします!!!


Re: はじめまして

くにさんこんばんは。
コメントどうもありがとうございます!

bebeさんもyosiさんも繋がられているとは(^^)
しかも面識もあるって本当に面白いですね~。

秋田駒、本当に素晴らしかったです!!!
近畿では絶対にあのような所は無いので。

東北の山、病み付きになりそうです(^^)
来年の同時期に必ずリベンジします!

ブログ、拝見させていただきました!
お花の事全然わからないので大変参考になります!

今後ともよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

monatti

Author:monatti
北摂からゆるゆるとお山とキャンプの
自己満ブログ(^^)最近はクライミングもぼちぼち。
2016年12月よりロードバイク!

時々、フレンチブルドッグも(こころ)

つくね(2014年7月没)

リンク

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

おすすめ

FC2カウンター

全記事表示リンク

ブログ村

検索フォーム